知識よりもまず弾いてみる!初心者向けのギター教材で大切なこと  -  短期間でギターが弾けるようになるギター独習教材

初心者でも短期間でギターが弾けるようになる、自宅でできる教材をご紹介。

ギターを弾いてみたいけど、独学は難しそう。
厳しい練習をコツコツ続けるのが苦手。

そんな方に知っていただきたいギター教材があります。

・自宅で自分のペースで練習できる
・ドレミがわからない初心者でも弾ける
・短期間で曲が弾けるようになるので楽しい

初心者でも30日もあれば、有名曲が弾けるようになります。

なぜ短期間で弾けるようになるのか?
その秘密については、以下をご覧下さい。

初心者のギター練習に大切なのは「まず弾いてみること」

とりあえず、弾いてみる。
そんなギターの練習方法があったら楽しいと思いませんか?

初心者の多くは、コードや弾き方の知識がなくては
ギターは弾けないと考えていることがほとんどです。

ですが実は、ギターは知識がなくても弾けます。



とはいっても、いきなり挑戦して弾けるわけではありません。

知識なしでギターを弾こうというのなら、
教え方、練習の仕方にそれなりの工夫が必要です。

なのでやろうと思ってすぐにできるものではありませんが、 練習の仕方に工夫をすれば、知識がなくても曲は弾けるようになるのですよね。



曲が弾ければ、当然ですが楽しいです。

もちろん最初のうちは上手く弾けませんが、
音を鳴らすという行為自体を楽しめるはずです。

また、楽譜やコードの勉強をしてからギターの練習に移るよりも時短になるため、 結果、練習がイヤにならずに長続きします。



当サイトでご紹介しているギター講座の教材では、楽譜やコードの勉強は二の次です。

なぜならギター初心者こそ、
たくさんギターを弾くべきだからです。

なのでドレミがわからない初心者であっても、
いきなりギターを弾くところからはじめるというレッスン内容が採用されています。

一般的な練習のように、難しいことが書かれた教則本とギターを何度も往復しなくても済むため、 純粋にギターを弾くことを楽しめるのですよね。

3日坊主で地道な練習が続かない人でも、
いきなりギターが弾けるとしたら長く続けられそうだと思いませんか?

ギターは知識だけがあっても弾けない

前項で、初心者のギター練習には
「弾くこと」が大切だと述べました。

その理由ですが…



一般的な練習では、ギターを弾くには楽譜であったりコードの知識が必要です。

ギターの楽譜を見ながら曲を弾くためには、
それらの知識が欠かせないからです。

なのでまずは楽譜やコードなど基礎的なことを頭に入れますが、 それらを完璧に覚えたとしても、ギターは弾けるようにはなりません。

楽譜やコードの知識をもとに、
ギターを弾く練習を何度も繰り返すことで上達していきます。

知識があったとしても、肝心のギターの練習がおろそかだといつまでたっても上手くなりません。

ギターを何度も弾くこと。
これが、ギター上達の秘訣です。



ギター初心者の中には、「楽譜やコードがわからない」「音楽の知識がない」という理由より、 ギターに挑戦することをためらったり、ちょっと齧っただけであきらめてしまう方もおられます。

ですがそれはもったいないです。
ギターを弾くのに、知識の有無は重要ではありません。

知識がなくても、練習の仕方を工夫すればギターは弾けます。

知識がないからギターは弾けないとあきらめてしまうのではなく、 知識がないなりの練習方法を取り入れて、いますぐギターを弾き始めましょう。

まずは「ギターを弾くところからスタート」するギター教材

当サイトでご紹介しているギター教材では、楽譜やコードの知識がないギター初心者でも、 いきなりギターを弾くところからスタートします。

それを聞いて、

いきなりギターを弾くって、いったいどうやって弾くの?


と思われた方もおられると思います。
コードもよくわからないのに、なぜギターが弾けるのかと。

その秘訣は、当教材で取り入れられている練習方法にあります。




ご紹介しているギター教材では、DVDに収録されたレッスン映像をもとに、練習を進めていきます。

レッスンでは、講師の方が弾いている手元の拡大映像がみられるため、 映像をみているだけで押さえるべき弦や、弾き方がすぐに理解できます。

加えて、音楽の知識がなくても弾き方がわかる「特殊な専用楽譜」を採用しているため、 やはりみただけで直感的に弾き方を理解することができます。

映像と専用楽譜を参考に弾く。
それを繰り返すだけで、簡単な曲が弾けるようになります。

必要な知識やコードは、レッスンにそってギターを弾いているうちに頭に入ってくるはずですので、 まずは講師と一緒にギターを弾きましょう。




中には、「映像を参考に弾く」
なんて自分にできるのだろうか?と心配になったかたもおられるかもしれません。

ですが心配いりません。

教材では、全く弾けない初心者向けに、指1本を使って練習するところから開始し、 徐々にレベルを上げていくという方法をとっています。

一般的な教則本にはまず見られない、知識ゼロの初心者向けの内容となっているため、ついていけなくなる心配はありません。

まずは映像内の講師がレクチャーする通りに、
ギターを何度も弾きましょう。

そのうちに指が動くようになって、ギターを弾くことに慣れてくるはずです。

初心者向けでも、覚えられるテクニックは本格的

当サイトでご紹介しているギター教材は、 「音楽の知識がゼロの初心者」でも問題なく取り組めるレッスン内容を採用しています。

…ときくと、初歩的な内容ばかりを扱った教材を想像してしまい、 簡単すぎやしないかと心配になる方もおられるかもしれません。



が、問題ありません。

確かに前半のレッスンでは
ギターに関する初歩的な内容の学習や練習がほとんどです。

ですがレッスンが先に進むたびに、さまざまな曲に挑戦したり、複雑な指使いや奏法に挑戦する場面も増えていきます。

例えばバラードの名曲や、プロっぽいリズムパターンを練習したり、カット、バレーコード、アルペジオなど、 ギターではおなじみの奏法もひととおり学べるようになっています。

全てのレッスンを終えるころには、
それなりに複雑な曲も弾けるようになっているはずです。

弾いている様子を見て、つい少し前まで初心者だったとは誰も思わないでしょう。



もちろんすべてのレッスンを終えるまでには、
それなりに練習量が必要です。

特に指は、ギターをたくさん弾かないことにはスムーズに動くようにはなりませんから、 とにかく練習しなくてはならないでしょう。

ですがギターを弾きたいと思っている方にとっては、
当教材の練習は楽しいはずです。

とにかくギターを弾くことを念頭に置いたレッスンが中心ですし、 レッスン内では有名な曲もたくさん登場します。

そうやって楽しんでギターを練習できるため、 練習のレベルが上がってきたとしても、続けるのがイヤになってしまうことはまずないと思います。

まずはレッスン内容をチェック

当サイトでご紹介しているギター教材、 とにかくギターが弾けるようになりたいとお考えの初心者にとっては、非常に取り組みやすい内容となっています。

・他の教材や独学では続かなかった
・音楽の知識が全くない


上記のような初心者でも無理なく続けられ、
あっという間に曲が弾けるようになります。

また最終的にはさまざまなテクニックを身に付け、そこそこハイレベルな曲もギターで弾けるようになるはずです。



果たして自分にできるだろうか?
と思われた方、まずは以下よりレッスン内容をチェックしてみましょう。

知識ゼロのギター初心者であっても、無理なくはじめられるということがおわかりいただけると思います。






短期間で弾けるギター教材とは?


Copyright © 2018 短期間でギターが弾けるようになるギター独習教材 All Rights Reserved. 
サイトにつきまして