短期間でギターが弾けるようになるギター独習教材

初心者でも短期間でギターが弾けるようになる、自宅でできる教材をご紹介。

ギターを弾いてみたいけど、独学は難しそう。
厳しい練習をコツコツ続けるのが苦手。

そんな方に知っていただきたいギター教材があります。

・自宅で自分のペースで練習できる
・ドレミがわからない初心者でも弾ける
・短期間で曲が弾けるようになるので楽しい

初心者でも30日もあれば、有名曲が弾けるようになります。

なぜ短期間で弾けるようになるのか?
その秘密については、以下をご覧下さい。

なぜ教材を利用すると、ギター教室に通うよりも早く上達できるのか?

楽器は教室へ通って習うのが一番上達が早い。
そうお考えの方、少なくないのではと思います。

確かに、教室へ行けばプロである講師に直接教えてもらえるため、 独学のように理解できなくて途中でつまづいてしまうことはありません。

ただ、だから効率よくギターのテクニックを身に付けられるのかというと、実はそんなことはないのですよね。



むしろ教室は、効率が悪いとさえいえるかもしれません。

もちろん教室や講師のレッスン内容にもよりますが、 練習内容やその進め方によっては曲が弾けるまでにかなり時間がかかってしまうこともあるでしょう。



なぜギター教室なのに、曲が弾けるようになるまでに時間がかかるのかと不思議に思われている方もいるかもしれませんが、 例えば授業の進め方を、完全に講師任せにしている教室の場合。

その場合、講師によって授業の進め方に差が出てきます。

曲を練習したり、ギターに関する様々なことを教えてもらえることには違いありませんが、 教える講師によっては授業内容が体系的にまとめられておらず、練習の効率が悪い場合もあるのです。

もちろん、授業内容がいまいちであっても曲を練習していれば、 少しずつでもギターのテクニックは身についていきますし、ギターの演奏も上達するでしょう。

なのでギターが上達しないかというとそんなことはないのですが、 短時間で効率よくギターを学びたい、上達させたいという人には教室通いはあまり良い方法ではないのです。

通う日時が固定されており、自分のペースで練習やテクニックの学習がしづらいところもデメリットです。



その点、当サイトでご紹介しているギター教材は、 ギターの基礎やテクニックを効率よく身に付けることを目的としてレッスン内容が設計されています。

わかりやすくいうと、中身が濃いのです。

ギター初心者が学ぶべきことが1~10まで体系的にまとめられており、 寄り道や無駄な練習が一切ないから時間を無駄に費やすことがありません。

また自宅で練習ができるため、仕事やその他の都合で忙しい人であっても、 隙間時間にムリなく練習を進めていくことができます。



月に2~4回しかレッスンがないギター教室と、
時間を気にせずいつでもどこでもできるギター教材。

どちらの方が、短期間で効率よくギターを上達させられるでしょうか?

ギター教室に通うのが億劫な人や、そもそも教室が近くにない人、 また短い期間でギターを上達させて、周りをあっと驚かせたい人。

そんな人たちにとって、どちらが適ししているかは明白だと思います。

ギターの知識が全くない初心者でも難しくない なので挫折の心配がない

ギター教室に通わず、自宅でギターの練習をしたい。

そんな方は少なくありませんが、
自宅でやるタイプの教材は挫折してしまいそうで不安だという方が多いのも、また事実です。

基本的に自宅で実践する教材は、先生に言われた通りにしていればよい教室とは違い、 自発的に練習にとりまなくてはなりませんから、意志が強くないと続かなさそうな感じがしてしまいますよね。

「独学でギターをはじめてみたけど長続きしなかった」というのがそのよい例です。



ちなみに、自宅でのギターの練習が続かないのは、
「3日坊主だから」「自分の意志が弱いから」だと思われている方、相当数おられます。

確かに、ギターでもなんでも一つの物事が長続きしないのは、意志の強い・弱いも関係あるでしょう。

なので間違いというわけではないのですが、
意志の強い弱いに加えて以下のような要因も大きく関係してきます。

・そもそも、練習の仕方がわかっていない
・練習のレベルが自身のレベルにあっていない


そもそもギターの練習の仕方がわかっておらず、何をすれば良いのかで迷ってしまう人は少なくありません。

例えば独学でギターを練習する場合。
市販のギター教則本などを利用される方は一定数おられますが、実は市販の教則本って基礎的な内容については細かく触れていません。

さらっと書かれてはいますが、
ギター初心者が納得できるだけの情報は書かれていないことがほとんど。

初心者向けの本であってもです。

なので基礎には軽く触れるくらいで、すぐに曲の練習に取り組むことになりますが、 コードや楽譜の読み方など基礎的なことをきちんと理解していないので、当然ながらまともに弾けません。

時間をかけて少しだけ弾けるようになったとしても、 曲を弾いているとはとてもじゃないけれど言えないくらいの演奏で、ギターを弾いている実感が得られません。

当初に想像していた練習風景とは、全く違う練習が続く日々に嫌気がさし、最終的にはギターの練習を止めてしまいます。



この場合、止めてしまった原因は「意志が弱いから」というよりは、 そもそも練習の仕方がわかっていないことと、練習のレベルが初心者には高すぎるからだといえるでしょう。

多分、上記のような理由でギターの練習を辞めてしまう人は、それなりにいるはずです。





初心者が長くギターの練習を続けるためには、

・初心者でも難しくない
・正しい練習で上達が実感できること


上記が大切です。
ですが独学だと、上記のような練習を行うのはかなり難しいと思います。

理由は、そのような練習を行える教則本自体がなかなかないからです。



ここで、当サイトでご紹介しているギター教材に話を戻しますが、 このギター教材は「ドレミやコードがわからない」レベルの初心者でも、すぐにギターを弾く練習ができます。

初心者目線で基礎の基礎からはじめられるように、レッスン内容が考えられているため、 わからなくて手が止まってしまうというようなことがありません。

基礎から上達までのレールがきちんと敷かれているため、 この練習で大丈夫なのかな?なんて不安を感じることは一切ないでしょう。

なるほど…と思いながらレッスンをすすめていくうちに、いつの間にかギターが上達しています。



レッスンを進めるごとにギターの知識がつき、
さらに上達しているのが自分でもはっきりと実感できるはずです。

とにかく難しくない。
確実に上達が実感できる。

だから、面白くて長続きします。

いきなりギターが弾けるから面白い

音楽の知識ゼロの初心者がギターに挑戦する場合。
まずは、最低限の音楽の知識を付けなくてはなりません。

楽譜を読むための知識を付けることはもちろん、
コードの知識についてもある程度頭に入れておかなくてはなりません。

これが初心者にとっては難関なのです。




ギターを練習するときいて、 「ギターを一生懸命弾いている練習風景」を想像する初心者は少なくないと思いますが。 実際の練習はそれとは程遠いです。

なぜなら実際にギターを弾こうとなると、知識がなくては弾けないため、 まずはその勉強をしなくてはならないからです。

最初に基礎を学び、ある程度楽譜やコードについて理解ができたらギターの練習をはじめますが、 楽譜を読んでギターを弾くという作業に慣れていないため、最初のうちは恐ろしいほどスローなペースで弾けません。

楽譜を見て、押さえる弦や弾く弦を理解して、
実際にギターで弾いてみる…ということをゆっくりと、延々と繰り返します。

正直言ってギターを弾いている感じは全くせず、うんざりしてくるはずです。

全く面白く感じられなくて、
やめてしまう人もいるかもしれません。

でも楽器を一から練習するって、そういうことなのですよね。根気が要ります。




その点、当サイトでご紹介しているギター教材では、
いきなりドレミやコードをがっつりと学ぶようなことはしません。

そういった音楽の知識がない状態でも、いきなり曲を弾くところからスタートします。

知識がないのに曲なんて弾けないのでは?
と思われる方もおられるかもしれません。

ですがこのギター教材では、この教材独自の「見てすぐに弾ける専用楽譜」を利用していること、 また映像で講師の方の手元をよく見られるようになっているため、楽譜やコードがわからなくても弾き方がわかります。

最初に知識を付ける面倒さがないこと、 さらにはギターを弾くことでコードを覚えていくようなレッスンの流れになっているため、 頭を悩ませることは一切なし。

ギターを弾くことを楽しみながら、知識とテクニックを身に付けることができます。



いきなりギターが弾けたとしたら、
面白くてやる気が出ますよね。

やる気が保てるから、
3日坊主になりやすい初心者でも長続きします。

初心者にとってこれほど画期的な練習方法を採用しているギター教材、まず他にはないのではないでしょうか。

自宅でいつでも好きな時にギターが練習できる

教室にギターを習いに行くのであれば、
毎回決められた時間に教室へ通う必要があります。

これ、あたり前のことですが結構面倒だったりします。



自宅近くに教室があるのなら、まだ楽ですが、
電車やバスなどを乗り継いでいかなくてはならない場合、行くのが面倒ですし毎回往復の交通費がかかります。

またいつでも時間に余裕がある人ならともかく、仕事をしていたりで忙しい人の場合、 予定変更などで決められた日時に通えないことも出てきます。

もし講師に空きがあれば、別の日に割り振ることもできる可能性がありますが、 できない場合、レッスンがキャンセルになることもあります。

こちら都合でキャンセルになった場合のお金は返ってきませんので、レッスン代が損です。

そもそも教室へ行くいかない以前に、ウイルス感染予防の観点より、 教室やイベントごとへの参加自体を避けているという方もいらっしゃいますよね。



その点、自宅で完結できるギター教材であれば、教室通いの日時やウイルス感染の危険性などを意識する必要はありません。

自宅にいながらいつでも好きな時にギターの練習ができるため、 スケジュールの都合がつきにくい方でも無理なく隙間時間に練習ができます。

予定変更などでレッスンがキャンセルになり、レッスン代が無駄になることもありません。

自分の予定に合わせて、
好きな時間に好きなだけギターのレッスンに取り組むことができます。

暇なときの時間つぶしにも最適です。



中には教室へ行って他人と一緒に練習したいという人もいるでしょうから、 そんな方はご紹介しているギター教材を利用するよりも、教室通いを検討された方が良いと思います。

ですが時間に余裕がない人、また教室へ通いたくない人によっては、 自宅でできるギター教材は非常に便利なものであるといえます。

教材以外の費用は一切必要なし

ギター教室通いって案外お金がかかるということ、ご存じでしょうか?

月にかかる費用だけを見ると、
それほど大した出費にはならないように思えるかもしれません。

ですが初回には月謝以外に入会金もかかりますし、指定の教材を買わなくてはならない場合もあります。

また教室が遠方になるのなら往復の交通費が、
教室ならではのイベントがある場合はその参加費なども必要になります。

教室にもよりますが、1年通えば月謝だけでも確実に10万円は超えますから、長い目で見ると決して安くはないのですよね。



で、1年間ギター教室へ通ったとしてどの程度ギターが上達するのか?

レッスン内容や個人の練習量にもよりますが、
大抵は簡単な曲が弾けるようになる程度でしょう。

10万円以上かけて、その程度です。

それを高いと感じるか妥当だと感じるかは人にもよりますが、少なくとも安くはない費用でしょう。 そしてその出費は、教室へ通い続けるかぎり今後もずっと続きます。



その点、ご紹介しているギター教材はいったん費用を支払ってしまえば、その後の追加費用はありません。

しかも基礎~応用までさまざまなギターのテクニックを学べる内容でありながら、 ギター教室へ1年通うよりもかなりお安いです。

価格については変更される可能性があるため、教材のページでご確認いただければと思いますが、 レッスン内容とそのボリュームを考えるとかなり割安だといえるでしょう。

使用期間なども決められておらず、何度でも繰り返して使えるところもお得です。

単純に、ギターを効率よく練習したいという人をはじめ、 コストパフォーマンスを重視される人にもおすすめのギター教材だといえます。

他のギター教材が続かなかった人にこそおすすめしたい教材

多くのギター教材では、専用の教則本を利用して練習をすすめていくことがほとんど。

教材にもよりますが、利用する教則本はテキストや写真での解説が主であるため、 初心者には直感的に理解しづらいというデメリットがあります。

また本を読んでギターを弾いて…という動作自体が、大変な作業に感じられる可能性が高いです。



その点、今回ご紹介しているギター教材であれば、
映像のみでレッスンを進められるため、教則本とギターを行き来するわずらわしさが一切ありません。

講師の方に直接教えていただいている感覚で、ギターを練習できます。

またこの教材独自の楽譜を採用していたり、映像の撮り方にも見やすい工夫があるため、 ギターの弾き方を頭で考えるのではなく、体で直感的に理解しやすい点も〇。

その結果、音楽の知識がなくてもギターを弾くことができるため、練習を続けるモチベーションを高く保つことができます。



要は練習自体が楽しいので、長続きしやすいんですよね。

市販の教則本や、他のギター教材をつかってみたけれど長続きしなかった…。 そんな方にこそおすすめしたギター教材だといえます。



具体的なレッスン内容について興味をお持ちの方は、以下の教材のページでご確認ください。

音楽の知識がないギター初心者であっても、
この内容なら続けられるかもと思っていただけるはずです。






短期間で弾けるギター教材とは?


Copyright © 2018 短期間でギターが弾けるようになるギター独習教材 All Rights Reserved. 
サイトにつきまして